壺屋~路地裏散策物語。

THE ファミリーペットも家族だって車社会だもの。
所在地 那覇市壺屋
価格 1600万円
築年数 昭和52年
広さ 土地102.72㎡ (31.27坪)
建物109.12㎡(33坪)
間取り 4LDK
駐車場 1台 ※軽
管理費 ***円
修繕費 ***円
公開日 2011年10月30日
更新日 2011年10月31日

間取り

モノレール安里駅近・昭和テイストの香り漂う戸建て住宅。
陶芸の町壺屋、昔ながらの商店街がありながら、国際通りや空港などへのアクセスも便利な機能も併せ持つエリアです。

物件詳細情報

お問合せ番号 936
構造 鉄筋コンクリートブロック造陸屋根2階建
所在階
総戸数
最寄り駅 モノレール安里駅徒歩5分
学校区
バルコニー方向
現状 居住中
引渡し時期 相談
都市計画
用途地域 第1種中高層住居専用地域
施工会社
管理会社
管理形態
ペット
権利 所有権
取引態様 仲介
備考 ※建て替えの場合、セットバック必要。

きたな美らん度

レーダーチャート
15pt /30pt
急勾配になっている室内階段の改修をするには、低コストに抑えるのが難しい可能性があります。
立地・価格を含めた総合的な条件の中で、実現可能なリフォームを考えました。
【柔軟性】
2 pt
室内階段の改修にはコストがかかることを踏まえ、既存の状態を維持することも選択肢のひとつ。
【外壁・躯体】
3 pt
大きなヒビ割れ等は確認できない。
1F部分は石張り仕上げ。
【メンテナンス】
2 pt
2Fの床に、部分的な床材劣化箇所あり。
【振れ幅】
3 pt
各階、各居室の用途を明確にした、シンプルなリフォームで居住性を高められる。
【立地・環境】
2 pt
モノレール駅、学校、商店街、歴史ある壺屋やちむん通りなど、多彩な顔を持つエリア。
全面道路幅2M。
【日当たり・風通し】
3 pt
2F踊り場付近の日当たりに難あり。

●補修関連と設備取り替えで、利便性と居住性を高めるプランです。

【補修】
①1Fは広いLDKに変更。
※仕切り壁、アコーディオンカーテン撤去。
②階段下に収納を設ける。
③2Fの床全面張り替え。
④2Fはすべて洋室とし、各部屋に収納を確保する。

【設備】
①キッチン取り替え
②玄関ドア取り替え

・売買価格1600万円+上記リフォームプラン189万円=1,789万円
①25年ローン借り入れの場合、月々の返済額は80,257円

【那覇市×戸建て住宅】
・学校区や都市の利便性を基準にした「家」選びには、家族構成とのマッチングが必要です。
・2Fに独立部屋を配置した「壺屋~路地裏散策物語。」は、子供達の成長に一役買ってくれそうな空間です。

サンプルプラン概算見積
仮設・解体工事 26万円 設備工事 63万円 左官工事 万円
木工事 71万円 電気工事 万円 ガラス工事 万円
木製建具工事 万円 防水工事 万円 雑工事 7万円
内装工事 万円 塗装工事 5万円 その他工事 万円
鋼製建具工事 17万円 タイル工事 万円 概算合計 189万円
※諸経費・消費税は含まれておりません。

ローン返済シミュレーター

【借入金額】 万円
※必要に応じてリフォーム費用を加算して下さい。
【内ボーナス返済金額】 万円
※借入額のうち、ボーナス時に支払う総額を入力して下さい。
(上限は借入金額の半額まで。ボーナス併用されない場合は0)
【借入金利】 %
※借入金利は必要に応じて変更して下さい。
【借入期間】 ヶ月

シミュレーション結果

借入金額万円 内ボーナス分万円 金利% 返済期間ヶ月
【毎月の返済予定額】 【ボーナス支払返済回数】  
【ボーナス月の返済加算予定額】 【年間返済予定額】 万円
【毎月返済回数】   【総返済予定額】 万円

※本シミュレーターの計算結果は概算金額ですのであらかじめご了承ください。
※商品ごとに借り入れ金額、ボーナス返済比率、返済期間の上限がありますのでご確認ください。
※変動金利型商品の場合、返済中に支払い金額が変更になる場合があります。

※ご使用ブラウザの設定でJavaScriptの実行を不可にされているとご利用できません。

こちらの物件もおススメです。

おススメ物件は未登録です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">