中古物件×リフォーム

中古物件のメリットは?

ライフプランの中でマイホームを考えるとき、いろいろな側面から検討することになると思います。例えば新築した場合、3000万円~4000万円程度の住宅ローンを組むと、35年ローン(定年まで)で月々約10万円前後の返済が続くことになります。
中古住宅を1500万円~2000万円程度で購入した場合では、リフォームをしても2000万円~2500万円程度でマイホームが実現できます。ライフプランにおけるローン返済が無理のないものにできるのも魅力です。
また、住みたいエリアには希望する土地がなかったりと新築が難しいこともありますが、中古住宅ならそのエリアにすでに建築されているので、そこで探すことも可能です。
cyuuko

中古物件を選ぶときに気をつけること。

耐用年数の確認や、耐震に係わることについては、耐震基準が大きく変わった1981年を目安として建築された時期の確認が必要です。また、外観の状態はヒビが入っていないかを確認すると共に、目視だけではわからないこともあるため、専門家に建物診断を相談するとより安心できるでしょう。
また、物件によっては税制面で住宅ローン減税等の優遇が受けられない可能性もあります。
さらに中古住宅購入後にリフォームをする場合、物件によってできることできないことがあるため、事前に見極めることも必要です。
cyuuko2

 

購入前のいろいろなご相談、お任せ下さい!

okinawasmile きたな美らんは、(株)佐平建設のリフォーム部門と連携しています。住居、オフィスなどこれまでのリフォーム実績をもとに、ご購入前にさまざまな側面をご相談いただけるのがきたな美らんの強みです。

例えば、リフォーム概算費用のご提示、借り入れ(ローンシミュレーション)のご相談、お客様のイメージを形にする設計士やデザイナーの紹介など、ご購入を決める前のいろいろなご質問、ご要望に応じてサポートいたします。 中古住宅の設備や間取りなどでデメリットと思える部分を、事前にご自分の望む形のリフォームイメージを描いた状態で購入を検討することができるのも、このサイトの魅力のひとつです。

また、佐平建設では中古住宅の購入や売却をご検討されているお客様や不動産業者様向けに住宅診断(ホームインスペクション)を行っております。 住宅診断(ホームインスペクション)とは、建物アドバイザーが第三者的な立場から、住宅の劣化状況、リフォームが必要な箇所やその時期、おおよその費用等のアドバイスを行う業務です。
現在の建物の状況を把握しておくことで、安心して不動産取引を行うことができます。診断結果はレポートにて御報告させて頂きます。アメリカでは、取引全体の7~9割の物件で住宅診断が行われているのが現状です。

診断項目としてしては、非破壊で目視で確認できる範囲に限られますが、【建物外部】になります<屋根>、<外壁>、<基礎>、<バルコニー>、<サッシ>等から、【建物内部】の<屋根裏>、<床下>、<水回り>、<各居室> 等まで、建物全体の診断を行ってまいります。

不動産は高い買い物になりますので、是非、購入前に住宅診断の御検討をお勧めいたします。
お気軽にご相談くださいませ。詳しくはこちらから。

住宅診断


中古物件×リフォームのススメ。

「磨けば光る中古物件」を、お客様の思い描く「夢」に近づけるご提案がきたな美らんのリフォームです。
リフォームといっても、小規模の床やクロスの張り替えから、大々的にすべてを解体して行うリノベーションまで、十人十色のプランがあるものです。築15年以上の中古住宅になると、時間の経過と共に大なり小なり、何らかのリフォームが必要となるでしょう。もちろん、大小の規模にかかわらずお気軽にご相談下さい。

また、沖縄の住宅は、一戸建てもマンションも土台が堅固な鉄筋コンクリート(RC造)が多く、耐用年数の長さからもリフォームに適しているとも言えるでしょう。

きたな美らんのリフォームはリフォームのプロと連携して、安心のリフォーム保証WEBカメラライブ中継窓・サッシ改修の発砲工法発色のキレイなポーターズペイント塗る炭!ヘルスコート、信頼のアフターフォローなど、豊富なラインナップでお客様のご要望にお応えします。

また、物件によってはリフォームの予定がなかったり、あるいはご自分のお知り合い等にリフォーム工事を依頼される場合も、ご遠慮なくその旨お申し出下さい。

リフォームの豊富なラインナップ

 

こちらもあわせてお読み下さい。

コメントは受け付けていません。